ホーム  >  安全運転のために  >  冬期の走行について

安全運転のために

冬期の走行について

除雪作業の状況(広島東付近)></td>
  </tr>
  <br clear=
除雪作業の状況(広島東付近)


 広島高速道路では12月から3月までの間、凍結防止剤の散布や除雪作業を行い、道路を安全に利用していただけるよう努めております。

 積雪が多い時などは高速1号線と高速4号線では冬用タイヤ規制を行う場合もあります。

 走行される際は次の点に注意していただくよう、皆様のご理解とご協力をよろしくお願いします。

走行する前に…


【冬用タイヤの装着】

 冬の道路を安全に走行していただくために、冬用タイヤ(スタッドレスタイヤ等)を装着しましょう。ノーマルタイヤで走行される方はタイヤチェーンを携行しましょう。冬用タイヤ規制実施時には、冬用タイヤ又はタイヤチェーンなどの滑り止めを装着していない車は走行できませんのでご注意下さい。


【ホームページで道路状況をチェック】

 広島高速道路公社ホームページの「交通情報(http://www.h-exp.or.jp/sp/)」では、最新の道路交通情報をお知らせしています(5分更新)。

 また、高速1号線(馬木付近)の路面状況を、「ライブカメラ(http://www.h-exp.or.jp/sp.livecam/index.html)」から映像で確認することもできます。

通行止め実施状況(馬木入口)></td>
  </tr>
  <br clear=
通行止め実施状況(馬木入口)

走行中は…


・急ハンドル、急加速、急ブレーキなど「急」のつく操作は危険です。


・速度は控えめにし、早めのブレーキを心掛けましょう。


・道路情報板の表示内容を確認し、道路情報の収集に努めましょう。


・凍結防止剤散布車が30~40km/hで作業しています。散布車に近づくと散布している塩や塩水が車にかかるため、車間距離を十分にとり、ゆっくり走行して下さい。

凍結防止剤散布状況(高速1号線)></td>
  </tr>
  <br clear=
凍結防止剤散布状況(高速1号線)