ホーム  >  企業・IR情報  >  公社の紹介

企業・IR情報 広島高速道路公社の企業・IR情報についてお知らせします

公社の紹介

広島高速道路公社ってなに?

広島高速道路広島都市圏では、山陽自動車道・中国自動車道などの高規格幹線道路の整備が進むなか、中国四国地方の中枢都市である広島市の都市機能をより高めるため都市交通の高速性・定時性を強化する自動車専用道路網の整備が急務となっています。

この自動車専用道路網の整備には多額の資金が必要となります。この資金を限られた財源(税金)により賄おうとする場合、一時期に多くの資金を その建設に充てることが困難であるため、完成までに相当の期間を要することとなってしまいます。そこで、建設省(現国土交通省)、広島県及び広島市では、これらの道路網を効率的に かつ早期に整備していくために有料道路制度を活用し、指定都市高速道路として整備することとしました。

広島高速道路公社は、この指定都市高速道路(広島高速道路)の整備主体として、平成9年6月3日、地方道路公社法に基づき広島県と広島市の共同出資により設立されました。指定都市高速道路を整備する地方道路公社としては、名古屋、福岡・北九州に次いで全国で3番目の設立となります。

指定都市高速道路とは、大都市圏及びその周辺地域で一つのネットワークとして機能する自動車専用道路をいいます。指定都市高速道路を構成する各路線の整備費用は道路網全体の料金収入で賄うこととしています。名古屋、福岡、北九州でも整備が進められており、その一部は既に供用されています。

有料道路の種類には、高速自動車国道、都市高速道路、本州四国連絡道路、一般有料道路(道路整備特別措置法に基づくもので有料の一般国道、都道府県道又は市町村道)などがあり、その事業主体は高速道路株式会社・公社が中心となっています。

有料道路の種類と事業主体





広島高速道路の経済効果

広島高速道路の経済効果には、利用効果と、派生需要効果があります。

(1) 利用効果
  利用効果には、広島高速道路を利用する場合に受ける直接効果と、利用しない場合にも受ける間接効果とがあります。
(2) 派生効果
  広島高速道路の建設に投入された工事費、人件費などが新たな需要を引き起こす効果をいいます。


広島高速道路がもたらす効果は、直接利用するしないに関係なく、たくさんあります。





広島高速道路の事業再評価

(1) 事業再評価について
広島高速道路公社では、広島高速道路事業のうち一定の要件に該当する事業について、効率性及びその実施過程の透明性の一層の向上を図るため、事業再評価を実施することとしています。

(2) 事業再評価の実施

広島高速5号線の事業再評価を実施しました。

@広島高速道路事業評価監視委員会
  広島高速5号線の事業再評価にあたり、学識経験者など第三者から構成される「広島高速道路事業評価監視委員会」を開催しました。
 広島高速道路事業評価監視委員会委員名簿(平成28年8月3日現在)(118KB)

   【平成28年度第1回広島高速道路事業評価監視委員会】
      1)開催日 平成28年12月26日(月) 15:00〜16:35
    2)開催場所 広島市役所本庁舎14階第7会議室
    3)出席委員 5名
    4)審議内容 広島高速5号線事業再評価について
    5)委員会資料 広島高速道路事業評価監視委員会資料(2,842KB)
  参考資料(スライド資料)(1,352KB)
    6)会議要旨 会議要旨(457KB)
A事業再評価結果
  委員会での意見を踏まえ、対応方針を決定しました。
  広島高速道路事業の再評価結果について(138KB)